ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【哲学】お金があれば幸せか?

<<   作成日時 : 2009/06/23 18:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

通帳残高の数字を増やそうと、頭と体を酷使し続ける日々。
「そもそも、お金があれば幸せなのか?」
私たちにとって、お金はすべてじゃないけど、“無一文でも幸せ”とはなかなか言い難いのも事実。かといって、お金があったって幸せじゃない人だってたくさんいる。

この哲学的な問題を、お茶の水女子大学文教育学部人文科学科教授であり、哲学者・土屋賢二先生はこういっている。

「“幸せ”というのは1個の目的が達成されればいいわけじゃない。たとえば、愛、名誉、権力が手に入ったとしても、家族が病気だったら幸せとはいえない。ただ、その際にお金があれば、幸せの条件を満たしやすくなるということはある。長生きも健康も手に入れやすくはなるし、若くてカワイイ女性と結婚することもできるかもしれない。恵まれない人たちへ寄付することもできる。」

「自分の好きなことをやる時間」と、「たくさんのお金」の両方を持っていればより幸せになれるのか?

「それもそうとは限らない。古代ギリシャ文学は、現在の学者から見ても非常に格調が高い。現代に比べれば生活は貧しいし、教育も受けていないはずなのに、古代の人の方がレベルの高い楽しみ方をしていたと思われる。レベルはともかく、我々も子供の頃の方が所有物も少なかったけれど、あの頃、メンコやベーゴマで味わった楽しさに匹敵するものは、大人では味わえないであろう」

「結局、お金があって選択肢が増えると、かえって“深く味わう”ことができなくなるのだ。だから茶道にしても、『お茶を美味しく飲む』という目的のために、わざと質素な建物を建てて、できるだけ選択肢を捨てるわけです。人間は、放っておくと選択肢を増やす方へいってしまう生き物なので、“深く楽しむ”ことが幸せと感じる人には、お金はあまりない方がいいかもしれない」

「でも、その安定というのも難しいのである。たとえば私の場合、家庭からして安定していません。自分が気をつけていても、妻に何がキッカケで怒られるかわからないし、基本、怒られてます。相手が妻だけでも安定するのがこんなに難しいのだ。健康状態や勤め先の会社に、何が起こるかもわからない。 基本的に不安定なのに、“安定”が幸せと思っていると、安定がなくなった途端に“不幸”になってしまう。毎日の暮らしが“安定する”なんて、奇跡に近いのである。特にうちの妻が怒らないなんて奇跡に思える。逆に探求の世界は、他のものにあまり影響されない。一度、そういった“探求”の楽しみを知って、幸せの価値観が変われば、その世界は豊かだし、“お金”や“安定”に振り回されることもなくなるのである」

なんとも含蓄のあるお言葉である。“幸せ”に必要なのは、お金やら、安定よりも、自分の好きなことを探求すること。</srtrong>“幸せのカタチ”は人それぞれかもしれないけど、“探求”に幸せを求めるのも、人によってはあるかもしれない。すくなくとも、私にはうなずけるのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かにお金があると選択肢は広がり、可能性も増す。
でも、あるならあるなりの使い方って大切ですよね。
私はお金は持っていないほうなので(失笑)
限りあるお金をいかに効率よく使うかが
悩むところです。
なまけもの
2009/06/23 20:43
人生は、知力・体力・好きなことが出来る時間・そして少しのお金があれば幸せです。Hamlet
Hamlet
2009/06/24 16:56

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【哲学】お金があれば幸せか? ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる