ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Politics】新政権の試練

<<   作成日時 : 2009/10/01 17:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

 自民党は、民主党のマニフェストに「財源はどうする」「空前のバラマキだ」と噛みついたが、そんなことを言えるのか。財源後回しで、バラマキを繰り返したのは、ほかならぬ自民党だ。

 カネがなくても道路や鉄道、ダムに浪費し、ツケを後世に回した。国と地方を合わせた長期債務残高816兆円は自民党政治の負の遺産だ。史上最低の麻生前首相は選挙中、民主党に対し「財源を示せ」と繰り返し叫んでいたが、その理由はハッキリした。自分らが金庫をカラッポにしたから、民主党に政権を明け渡してもカネで苦労すると百も承知だったのだ。このマニフェストの実行を乗り越えるのが、新政権最初の試練となる。頑張れ民主党。


 【マニフェスト(Manifesto)】 
 
 語源については、ラテン語で「手(manus)」と、「打つ(fendere)」が合わさった、とする説が有力。「手で打つ」⇒「手で感じられるほど明らかな」⇒「はっきり示す」と派生したと考えられている。よって「マニュフェスト」は誤り(マニピュレータの誤り「マニュピレーター」と同じである)。

 イタリア語経由の Manifesto (声明・宣言)が英語において選挙公約の意味で使われるようになったのは、近代イギリス保守党の政治的立場の基礎となったと考えられているロバート・ピールの1834年のタムワース・マニフェストが起源である。この声明は翌年の総選挙において保守党の政治方針として公式に採用された。以来、イギリスでは総選挙ごとに主要政党はマニフェストを発表してきた。ただし1980年代までは、現在のように、具体的に数値目標・期限等を明示した詳細なものではなく、より概説的なものであった。

 現在、日本においていわれる選挙公約としてのマニフェストは、このイギリスの19世紀以来の政治慣行を参考にしたものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ メンズ
【Politics】新政権の試練 ハムレットの世情日記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/08 08:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【Politics】新政権の試練 ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる