ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【寒波・豪雪】 異常低温・豪雪の原因は「北極振動」

<<   作成日時 : 2010/01/31 17:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

昨年12月後半から今年1月中旬まで、北海道・東北地方の日本海側、新潟県や北陸地方、近畿北部などを中心に、国内各地で例年を上回る記録的な豪雪を観測した。暖冬予想から一転して、厳しい寒波が襲来し、豪雪に見舞われた形である。

 気象庁によると、昨年12月前半は全国的に気温が高かったが、12月後半は強い寒気が日本付近まで南下して冬型の気圧配置となった。そして東日本の日本海側を中心に大雪が降り続き、12月は4年ぶりに降雪量が平年を上回ったという。地域別の降雪量を見ると、東日本の日本海側では平年を31%上回ったようだ。最大積雪量は、新潟で平年の約4倍となる45センチメートル、富山で平年の約2倍となる49センチメートルを記録している。

 当初、東部太平洋赤道付近の海水温が上昇するエルニーニョ現象のため、長期予報で今季を「暖冬」と予想していた。しかしエルニーニョの影響が小さく、太平洋高気圧の勢力が弱いために、寒波の南下を招いている模様だとしている。そして、今年1月に入っても全国的に寒い日が続き、各地で豪雪を観測している。北海道や岐阜県などでは、1月の積雪量としては観測史上最大の豪雪を観測し、1月13日には鹿児島市や長崎市など九州各地でも積雪を観測している。

 また今季の厳しい寒波・豪雪は、日本だけの現象ではないようだ。北半球の各地でも、異常低温や豪雪を観測している。まず昨年11月には、中国北部に寒波が襲来した。そして12月中旬には、欧州、米国東部、東アジアに寒波・豪雪が襲来し、今年1月には、インド北部も厳しい寒波に見舞われている。欧州では、英仏を結ぶ高速列車「ユーロスター」の運転が止まり、旅行客の足に影響が出た模様だ。米国東部は大雪に見舞われた。ワシントンやニューヨークで記録的な降雪量を記録し、クリスマス商戦への影響が懸念された。東アジアでも、北京やソウルで1月としては観測史上最大の豪雪を記録している。このように、北半球各地に記録的な寒波・豪雪が襲来したことで、物流の寸断、野菜出荷量の減少、暖房用ガスの供給不足など、経済活動にも大きな影響が出ている。

 今季の北半球各地での異常低温・豪雪の原因は、北極域の寒気が強弱を繰り返す「北極振動」と呼ばれる現象のようだ。気象庁によると、北半球では昨年12月中旬から、北極の寒気が南下しやすい気圧配置が続き、欧州や北米など広い範囲で異常低温になっているという。今年1月9日には、ノルウェーのオスロで、最低気温が平年値より18度低いマイナス25度を観測している。日本は現時点で異常低温とは言えないが、それでも昨年末から、平年より寒い日が続いているという。

 庭の梅もこの寒さで咲きだす日を模索しているようだ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM 通販
【寒波・豪雪】 異常低温・豪雪の原因は「北極振動」 ハムレットの世情日記/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/09 12:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【寒波・豪雪】 異常低温・豪雪の原因は「北極振動」 ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる