ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【食料自給】 農業問題解決に求められる政策

<<   作成日時 : 2010/02/03 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨日NHKで荒廃する農地問題を放映していた。放置される農地が増え続けるなか、俳優菅原文太が農地を借り種まきをしているシーンが印象的だった。また、過日、テレビ朝日系列の番組で、現在の農家が抱える深刻な問題の一端を描くシーンを見た。

 ある「いちご農家」の主人は「息子も継ぐ気ネシ(ないし)、俺がやめれば後がネェ(ない)」とあきらめ顔で語る。またあるとき、「農家をやりたい」と言って彼に入門を請うた青年は、厳しい農業労働に耐えられず、瞬く間に去っていったそうだ。

 国の生存にとって食料の自給は一大事である。昨今、国内の完全失業率は5%を超えているのに、農業労働者のなり手は少ない。しかし、失業者に向かって「飢えたくなければ農業をしろ」というのは暴論だろう。本来、高度な専門知識と献身的勤労を要求される。農作業を、生来の都会生活者に期待すること自体が、無理難題というものだ。

 農業後継者枯渇の原因は、「家業」を前提とした農業システムの改革に、長く手を着けなかった農業行政の怠慢にもあるだろう。それならば日本の食糧戦略のためにも、今後は多様な選択肢を用意して、できることから手を着ける以外、道はないように思える。

 企業による農業参入の推進はもちろんだが、例えば農業後継者に対する大胆な減・免税措置なども必要ではないだろうか。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【食料自給】 農業問題解決に求められる政策 ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる