ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Jew】 彼らの成功への秘訣

<<   作成日時 : 2010/05/22 16:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

 
画像

 各分野で優秀な人材を排出しているユダヤ人。彼らの成功への秘けつはどういったものなのであろうか。


● 次の人物たちの共通点は?


 ハリウッド俳優やミュージシャンであれば、ウィノナ・ライダー、レニー・クラビッツ、ボブ・ディラン、ウディ・アレン、ハリソン・フォード、マイケル・ダグラス、ナタリー・ポートマン……。

 映画会社なら、ユニバーサル、パラマウント、20世紀FOX、MGMの創業者。

 ITであれば、デルのマイケル・デル、オラクルの創業者ラリー・エリソン、マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEO、インテルの創業者アンディ・グローブ。

 金融関係であれば、稀代の投資家ジョージ・ソロス、SGウォーバーグ銀行の創業者ウォーバーグ卿、金融ニュースのブルームバーグ。

 服飾や化粧品業界であれば、ラルフ・ローレン、リーバイ・ストラウス、ダナ・キャラン、エスティ・ローダー、チャールズ・レブロン。

 学者であれば、アインシュタイン、フロイト、コンピュータの生みの親ノイマン、インターネットの発明者……。

 この有名人たちの共通点、なんだか分かるだろうか? 勘の鋭いアナタは気づいたかもしれない、「ユダヤ人」という共通点だ。(『ユダヤ人の頭のなか』より)

 世の中には「ユダヤ人が秘密結社を率いて世界征服を狙っている」というような馬鹿げた本も出回っているがが、そんな荒唐無稽な話はさておき、これだけ各分野で優秀な人材を輩出しているユダヤ人とはいったい何者? その思考方法とは? そこに知的生産性を高めていきたいナレッジワーカーのヒントがあるかもしれない。

画像



●全人口の0.02%しかいないユダヤ人、なぜノーベル賞の40%を占めるのか? 

 本業は弁護士でユダヤ人のアンドリュー・J・サター氏。そして、そのサター氏が最初に刊行した本『ユダヤ人の頭の中』によれば、ユダヤ人の過去の歴史や文化に根付いた特有の思考方法が、ここまで各分野において類まれな成功を収めさせていると説いている。

 ちなみに、ユダヤ人はイスラエル国民も含めて全世界人口のおよそ0.02%しかいない。そして、欧州から米国に移民としてやってきたユダヤ人のほとんどが50ドル以下の財産しかもたなかったともいいう。つまり、ほとんどの人が無一文からスタートしたというわけだ。

 しかしながら、冒頭述べたリストのように、多くのユダヤ人(第2世代、第3世代を含めて)が大成功を収めている。さらに例をあげるとノーベル経済学賞の受賞者のうち、実に40%がユダヤ人という事実、全米に居住するユダヤ人の平均所得は米国平均の約2倍、弁護士や医者、大学教授の多くがユダヤ人という事実をどう考えたらよいだろうか。

 つまり、ユダヤ人は少数派であるが、平たく言えば「抜群に思考能力の発達した民族」ということが言える。その思考方法、ぜひ、われわれ日本人も取り入れたいものだ。


 サター氏の著書を参考にしながら、日本人にも活用できるポイントを5つあげてみる。



1. リスク管理を徹底し、「損切り」せよ

2. 顧客第一主義を通す

3. 他人の言語や文化に慣れ親しむ

4. 分からないことを放置しない徹底した議論

5. 論理的思考と文書化スキルを身に付ける



●ユダヤ人の歴史は、「リスク管理」「顧客管理」の歴史

 こうした思考能力が自然に身についた背景には、これまでのユダヤ人特有の歴史があるのだ。

 まず、驚くべきことに中国と同じくらいユダヤ人の歴史は古い。およそ4000年ほどあるのだ。そして紀元前にイスラエル王国が崩壊して以来、数えきれないほど、様々な国に支配されてきた。会社でいえば、M&Aによってコロコロと社長が変わるのと同じ事である。

 また、ナチスによるユダヤ人迫害は我々日本人もよく知っているところだが、それ以外でも職業や生活を厳しく制限されたり、無実の罪で裁かれたり、他国から侵入した暴徒に襲われたり……と安住の地がないまま、数千年という時を過ごしてきた民族でもあるのだ。

 そこで培われたこと、それは「リスク管理能力」と「顧客第一主義」である。権力の行方がどうなるか、そして時の権力者が何を欲しているのかを常にリサーチして、事前に動かなければ命取りになるので必死であった。投資家に必要な「損切り」の精神も、こうしたリスク管理から由来しているのある。ヘッジファンドで巨万の富を築いたジョージ・ソロスはユダヤ人だが、いかに他人よりも早く欠点に気づいて損切りするかが、投資の秘けつであると言っている。

 こうしたリスク管理能力や、顧客第一主義の精神は、その後のユダヤ人の起業に大きな好影響を与えたのである。


●多言語・多文化、徹底的に議論を楽しむコミュニケーションの習慣

 自分たちの居場所がどこにもなく、支配国の権力闘争によって次々に分断されていったユダヤ人たち。地理的に分散していった彼らは、どのような国に属しても、その言語や文化を必死で学び、商売をやっていかなければ生きていけなかった。そのため自然と現地に適応する術が身についていった。これはグローバル化する社会においてはとても大きな強みである。

 また、日本人のように、同じ文化背景で生きてきた人間同士のコミュニケーションと違い、非常に細かくすべてのことを、論理的に確認し、議論を徹底的に行うという習性も独特のものだ。以心伝心という名のもとに、ろくに確認もせずにプロジェクトを進めることなどありえない。1つ1つをしっかり確認し、「なぜ、そのようになったのか」を理解するまでゴーサインは出さないのである。

 日本人にとっては「そんなこといちいち確認しなくても分かってるだろ」と思うかもしれない。しかし、ユダヤ人は「知らないことはすべて聞く」というマインドが備えているのだ。これは多言語多文化において国際取引を行う場合は、必須の姿勢とも言えることである。


●ロジカルシンキングと文書化が深く根付いている

 ユダヤ教の開祖とされるアブラハムも非常に論理的思考の強い人だったようである。

 ユダヤ教の経典は、古くから文書化されている。タルムードと呼ばれる聖典は、単なる教えを伝えるのではなく、日常生活の細々とした規則について、なんと「議事録」的に記しており、参加者の討論を文書化しているのだ。

 つまり、ユダヤ人は開祖から始まって、基本的にロジカルシンキング、議論(ブレインストーミング)が大好きな民族と言える。わざわざ論理的に考える勉強をしなくても、それが当たり前になっているということなのかもしれない。

 これらを総合すると、英語を含む多言語に対応でき、ロジカルに物事を分析でき、チャンスをつかみ、リスクを管理しながら、顧客満足度を上げる方法……、つまりはMBAで学ぶようなことが民族の習慣なっていると言っても過言ではないだろう。


●マイノリティを強く意識することで、思考力がさえてくる? 

 つまるところ、ユダヤ人に今日のような活躍をもたらした思考力の根底にあるものは、「マイノリティ」ということだ。常に少数派であるから、多数派の言語や文化を学びつつも、交渉事において自分の主張を通す場合は、論理的かつ徹底的に議論し、主張を通そうとする。

 少数派であるからこそ、大局を観察し続け、変化やリスクを他人よりも早く察知し、時にチャンスをつかんで大きく勝負に出るが、リスクを感じたらいの一番に、損切りしてでも手を引く大胆さ。世の中が短時間で大きく動く、現代にとって、どれも大切な能力ばかりである。

 日本人は幸運なことに、中途半端に大きな内需があり、それで商売をすればよかったのでこれまでマイノリティを感じる必要はなかったが、世界から見ればやはり日本もマイノリティの1つでしかないのだ。

 実際、今、欧米から見ているのは日本ではなく、中国や新興国だ。これからは日本人も、もっとマイノリティ的な危機意識とロジカル思考に基づいた交渉力を身につけないと、世界に太刀打ちできなくなる。現政権にはここのところをしっかり勉強して欲しい。政府が沖縄の民と交渉するにも論理的思考が足りないように思える。


 普天間の迷走ではクリントン長官に軽くあしらわれ、わずか3時間足らずの滞在で彼女は中国に去っていった。軽く見られているのだ。中国では2日間滞在する。

 
画像













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 財布
【Jew】 彼らの成功への秘訣 ハムレットの世情日記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/06 22:44
エアマックス 95
【Jew】 彼らの成功への秘訣 ハムレットの世情日記/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/09 04:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【Jew】 彼らの成功への秘訣 ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる