ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【歴史】  メールソフト「戦国武将の密書」「幕末志士の密書」 

<<   作成日時 : 2010/06/08 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

株式会社ジャストシステムより、戦国武将と幕末志士の気分が味わえる、一風変わったPCメールソフトが発売された。

 その名もズバリ『戦国武将の密書』『幕末志士の密書』。歴史好きとしては押さえねばなるまい! 

■起動してすぐの伏兵攻撃! 音とアニメーションで歴史の舞台へ!

 「歴ーっしゅ!」。突然の伏兵攻撃に一瞬たじろいでしまう。
 そう、このソフト、起動時・終了時、またメールを捨てた時などに、ボイスや効果音が流れるのだ。
 歴ーっしゅ! とは歴ドル美甘子さんの決めセリフ。もはや歴史ファンの間で定番化しつつある「歴っしゅ」の伏兵。侮れなし戦国武将の密書!
 美甘子さんの他に、俳優の唐橋充氏のボイスも収録されており、「出陣」「わしに続けい」「退却じゃ」「討ち取ったり」など、戦国気分を味わえるセリフも充実している。

 『幕末志士の密書』でも同様の動作をしたところ、ゴミ箱にメールを捨てる際に「天誅!」というセリフが。ゴミ箱の中に潜む人斬りを想像すると笑える。
 そして“隠しボイス”といった遊び心も盛り込まれている。この隠しボイス、隠しておくにはもったいない内容だ。

 効果音も充実していつ。『戦国武将の密書』で受信アイコンをクリックすると、騎馬武者が駆けるアニメーションと合戦を髣髴とさせる効果音が流れる。これがなかなかリアル!
 『幕末志士の密書』では、船のアニメーションと波風の効果音が流れる。
 どちらも実際はネットワークを通してメールが配信されているわけですが、馬や船といったアナログな手法でメールが送られていく感覚が思い起こされ、新鮮な気分に浸れる。まさに戦国武将・幕末志士の気分でメール(密書)が送れるのだ。

 それにしても、こんなにも簡単に世界中の人にメールが送れる時代になったと知ったら、龍馬はなんて言うだろうか?



【戦国】
伊達政宗 真田幸村 織田信長 明智光秀 武田信玄 上杉謙信 前田慶次郎 直江兼続

【幕末】
坂本龍馬 龍馬ゆかりの人物(岩崎弥太郎、中岡慎太郎、岡田以蔵) 新撰組(近藤勇、土方歳三、沖田総司) 薩摩藩士(西郷隆盛、大久保利通、島津斉彬と島津久光)

長州藩士(高杉晋作、木戸孝之) 幕府の要人達(勝海舟、井伊直弼、徳川慶喜) 日本の夜明け(幕末の名場面など)

 まずは戦国時代の代名詞ともいえる「織田信長」をクリック。炎に包まれ、本能寺の変を髣髴とさせるデザインに思わず絶句。
 「人間五十年…」と信長おなじみの幸若舞 『敦盛』 の一節までデザインされ、織田信長ファン涙モノだ。
 それぞれ武将の名場面をイメージしたデザインが施されており、デザイナーの武将にかける並々ならぬ情熱が感じられる。
 また『幕末志士の密書』で特筆すべきは、薩摩藩士の島津斉彬と島津久光。こんなに緊張感のある背景デザイン、見たことはない。 メールを打つ手にも自然に力が入る。

 
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【歴史】  メールソフト「戦国武将の密書」「幕末志士の密書」  ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる