ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Change myself】    自分自身を変えるための思考法

<<   作成日時 : 2011/02/05 21:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 『これから24時間でかならず成長する方法』(生田知久/著、中経出版/刊)は、まさにタイトルの通り「これから24時間でかならず成長する方法」を教えてくれる内容だ。
 営業やマーケティングといった業務スキルの向上ではなくて、「働いて、成果を出す」という根本的な能力を向上させるための方法が書かれている。

 仕事で成果を出せない人に対して、本書はこのようなメッセージを送っている。

 本書は24時間で成長し、自分を変えるための本である。書かれていることを実践すれば24時間後には昨日までとは違う自分と出会えるはずだ。

 なぜ、今までどんなノウハウ本を読んでも自分を変えられなかったのか?
 それは、実践に移してこなかったからである。

 「なるほど、わかった」「いつか実践しよう」そう思い続けて、ここまで来たのではないだろうか?今こそ、変革のときだ。この24時間をチャンスの24時間にしてみよう。

 世間は不景気で経済成長も期待できない。

 しかし、自分が成長するかどうかは自分自身にかかっているのだ。
 本書はそんなあなたを全面的にバックアップする。

 成長したくて、成果を出したくてたくさんビジネス書を読んではいるけど、「一向に成長した気がしない・・・」「成果を出せるようにならない・・・」という方は、もしかしたら成果を出すための“基本的な考え方”がまだ身についていないのかもしれない。

 本書の幹となっている考え方には1つのサイクルがある。

 「問う力」「考える力」「決める力」「実行する力」「巻き込む力」「学ぶ力」この6つだ。 
これをPDCAサイクルみたいに回していくことで、成長していけるというノウハウである。

 たとえば「問う力」について考えてみる。


 ・自分を変えていける人は、常に自問自答している人

 本書では、「自分を変えていける人は、常に自問自答している人」だという。 

 結果を出すには、自ら考え、自ら行動することが大切だが、考えるには、「問い」が必要であり、良い答えが出るかどうかは、「良い問いかけ」ができるかどうかにかかっているのだ。パフォーマンスを発揮できない人は、「自問自答」が圧倒的にできていないのだ。

 問いかけができないと、頭に浮かぶのは、「どうしよう・・」ということば。「どうしよう」は、問いはなく、「困っている」だけの状態なのである。 これでは、前にすすむことはできない。

 「どうしよう」から、一歩前に進むには、「では、どうすればいいか?」と、「問い」に変換することである。

 「明日接待で飲み会があるんだけど、初対面の人がどうも苦手で・・・」これを、問いに変換すると、「どうすれば初対面の人と打ち解けられるのか」となる。

 すると、まず、「どうしよう・・」と困窮した状態から、解決策を見つけようとするところまで一歩進む。テクニックとして、ノートや紙に、答えの部分を空欄にして、問いかけを文章にしてみるのも効果的である。

 「今日は接待飲み会がある。初対面の人と打ち解けるには、○○○すればいい。」というふうに。
 脳は空欄を埋めようとしたがるので、答えを出そうと思考が活発になるのだ。 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【Change myself】    自分自身を変えるための思考法 ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる