ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【絵画】  着衣のマハ (La Maja Vestide)/ゴヤ

<<   作成日時 : 2011/10/26 19:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

■ 着衣のマハ (La Maja Vestide) 1798-1803年頃
95×190cm | 油彩・画布 | プラド美術館(マドリッド)
 
 この秋、スペイン国立プラド美術館の全面的な協力を得て、ゴヤの大展覧会が実現した。同館所蔵の油彩、素描、版画、書簡の計72点に、国立西洋美術館などが所蔵する版画を加えた計123点が一堂にそろった。

 最も注目を集めているのが、40年ぶりに日本で公開となる傑作「着衣のマハ」。時の宰相ゴドイの注文で描いたとされるが、モデルや制作目的を巡る議論がいまだにやまない。妖艶な表情で見る者を挑発するかのような視線を投げかけてくるマハ(当時の小粋な女性を指す一般名称)は必見だ。

 色鮮やかな油彩画の一方、ゴヤを深く知る上で欠かせないのが素描や版画の数々。プラド美術館でも公開されることがまれな素描が40点もまとめて展示されるのも本展の大きな見どころだ。美しさだけでなく、人間の愚かさや醜さもありのままに描いたゴヤの芸術は、時代を超えて私たちの心を揺さぶる。

■プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影  
 会期:10月22日〜2012年1月29日
 会場:国立西洋美術館(東京・上野)
 料金:一般1500円(前売り1300円)ほか
 ◎ハローダイヤル03・5777・8600


 近代絵画の創始者フランシスコ・デ・ゴヤが手がけた数多くの作品の中でも最も有名な作品のひとつ『着衣のマハ』。本作は画家が≪マハ≫(※マハとは特定の人物を示す固有の氏名ではなくスペイン語で<小粋な女>を意味する単語)を描いた作品で、『裸のマハ』を制作した翌年以降(1800-1803年頃?)に手がけられたと推測されている。

 本作と『裸のマハ』は画家の重要なパトロンのひとりで、権力を手にしてから皇太子や民衆を始め様々な方面から非難を浴びせられた宰相ゴドイが所有しており、その為、一般的にはこの2作品は宰相ゴドイが制作を依頼したものだとする説が採用されている。『裸のマハ』と同様の姿勢・構図で描かれる本作であるが、『裸のマハ』との最も顕著な差異は、マハは当時スペイン国内の貴婦人が愛用し流行していた異国情緒に溢れたトルコ風の衣服に身を包み、化粧も整えている点である。

 これらの描写はゴヤ特有のやや大ぶりな筆触によって繊細ながら表情豊かに表現されているほか、色彩においても黒色、金色、緑色、紅色、茶色、白色などを用いた独特の配色によってトルコ風の衣服の雰囲気や質感を見事に表現している。本作のモデルについては古くからアルバ公爵夫人マリア・デル・ピラール・カイェタナとする説が唱えられているが、画家が残したアルバ公爵夫人の素描や肖像画の顔と比較し、あまりに異なる点があるため否定的な意見を述べる研究者も少なくなく、現在では宰相ゴドイの愛人ペピータとする説なども有力視されている。なお本作と『裸のマハ』は宰相ゴドイの手からカサ・アルマセン・デ・クリスターレス、王立サン・フェルナンド美術アカデミーを経てマドリッドのプラド美術館へと移された。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【絵画】  着衣のマハ (La Maja Vestide)/ゴヤ ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる