ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Tokyo Skytree】  スカイツリー開業効果ゼロ(株式市場)

<<   作成日時 : 2012/05/29 13:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 
画像

 バカ騒ぎの東京スカイツリーだが、株式市場への開業効果はゼロだった。欧州危機やアメリカの景気低迷などで下落続きの東京市場への波及効果はゼロだった。運営母体の東武鉄道はオープン当日の22日こそ3円高とまあまあだったが、それ以降は下落続き。しかも24日、25日と2日連続で年初来安値を更新した。

 オープン前は、関連銘柄として最寄り駅に乗り入れる京成電鉄や、「東京スカイツリータウン」内の商業施設「東京ソラマチ」に出店する企業がもてはやされた。ところが25日は、関連銘柄のドトール・日レスやダスキン、セガサミーHDはそろって年初来安値をつけた。

 スカイツリーへの入場者が順調にもかかわらず株価が上がらない原因は何か。

 高額チケットの影響である。天望回廊までの料金は大人が3500円、小学生でも1900円かかる。親子4人で1万円を超えるのだ。チケット代に1万円を取られては、周辺のレストランで食事する余裕はないだろう。デフレ時代にそぐわない料金設定が原因なのである。 

 スカイツリータウンは、年間の来場者数を3200万人とはじいた。東京ディズニーリゾートを上回る規模だが、そこで金を使ってくれるかどうか。

 スカイツリーは見るだけで十分という人が大勢いるだろう。近くには浅草という観光地もある。浅草まで足を延ばせば、低価格でも十二分に楽しめる飲食店がそろっているので、金はそっちに落ちることになるのだ。開業前に危惧されていたこと(商店街に金が落ちない)が現実になりつつある。

 関連株の低迷から見えてくるのは、スカイツリーの戦略ミスか。

画像


以下は29日の読売新聞記事から転載。

29日で開業から1週間を迎える東京スカイツリー(東京・墨田区、高さ634メートル)は、隣接の商業施設と合わせ、26日には来場者数が早くも100万人を突破、順調な滑り出しを見せている。

 その一方で、ツリー効果を当て込んでいた周辺商店街では客足が思うように伸びないなど、「こんなはずでは……」という事態も起きている。

 ツリーと隣接の「東京ソラマチ」と合わせ、来場者は連日20万人超。100万人突破は予想より2日早く達成し、初の週末となった26日夕には初の入場規制も行った。

 一方、期待はずれなのが地元商店街。開業前は見物客で売り上げを伸ばしたが、開業後は「売り上げが減った」との声が上がる。地元商店街の土産物店の店主(61)は「ソラマチの外に人が出てこない」とこぼす。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【Tokyo Skytree】  スカイツリー開業効果ゼロ(株式市場) ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる