ハムレットの世情日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ホンハイ】   台湾「ホンハイ」ってどんな会社?

<<   作成日時 : 2012/09/11 18:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

大手電機メーカー、シャープとの電撃的な提携で、その名が知られるようになった台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業。そんなメーカーがアジアにあったのか、と改めて驚いた人も多かったかもしれない。売上高は日本円で約10兆円にもなる。グループ従業員数は約100万人。驚くべきはその成長力で、07年からのわずか5年間で、すでに兆円単位だった売り上げが倍増しているのだ。

英名ではフォックスコンと呼ばれるが、これだけの企業なのに、そんなブランドの商品は見たことがないなぁと思う人も少なくないはず。ホンハイの事業は、EMS(電子機器受託製造)。他のメーカーの依頼で、生産だけを手がけている企業。いわば“黒子企業”なのだ。

画像


あのアップルのiPhoneやiPadの生産もホンハイが一手に引き受けているといわれている。それだけではない。インテルやデル、HPなどのアメリカのIT企業、さらには日本のソニーや任天堂なども顧客に名を連ねているとされており、スマホ、パソコン、ゲーム機、液晶テレビなどの、“世界最大の工場”だというのだ。

設立は1974年。テレビの部品製造に始まる。90年代から中国に進出し、巨大な工場群を展開。00年代から、パソコンや携帯電話など電子機器の組み立てを受託する現在の業態に注力し、躍進が始まった。工場のほとんどは中国にある。創業者の郭台銘(テリー・ゴウ)が、今も経営を担う。



各製品分野で主要メーカーのほとんどを顧客にする営業力。ライバル会社同士が顧客になることもあるが、信頼を決して裏切らない徹底した秘密主義。大量の部品調達による購買力。さらに、猛烈なスピードで製品を量産ラインに乗せていく数万人もの金型技術者…。ホンハイはこうした圧倒的な強みを背景に、今も成長を続けている。

ホンハイなんて知らなかった、という人も、実はその“製品”はすでに持っているかも。

画像











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Daily Calender

Clock

News Headline

News Topics

プロ野球結果

【ホンハイ】   台湾「ホンハイ」ってどんな会社? ハムレットの世情日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる